天神南矯正診療歯科 歯の一生相談窓口

news, NASAから生まれた?歯磨き剤

こんにちは、天神南矯正診療歯科です!

『NASA』と『歯磨き剤』??
全く結びつかない
と思いますが…

実は…宇宙という無重力の
影響の下では
宇宙飛行士の歯が
もろくなってしまうという
問題がありました。

その救世主が
『ハイドロキシアパタイト』
という成分です!
ハイドロキシアパタイトは
私たちの歯の表面を覆っている
エナメル質の97%、
エナメル質の下にある
象牙質の70%を
構成している
歯にとってとても重要な成分です!!

1980年に世界で初めて
「エナメル質を修復する歯磨き剤」
として発売されました!
その後、1993年には
むし歯予防の薬用成分として
「薬用ハイドロキシアパタイト」
が認可を受けました!

宇宙飛行士でない私たちも
ふだんの食事や歯みがきで
エナメル質に目にはみえない
ミクロの傷がつきます。
傷がつくと、
本来半透明できれいなエナメル質が
曇ってみえたり、
傷にステインや菌が
つきやすい状態になります😣
陶器を思い浮かべてください。
新品のカップは
白くツヤツヤしていますが、
繰り返し使用しているうちに
艶やかさは失われ
茶渋がつきやすい状態になります。

ここで!
薬用ハイドロキシアパタイトが配合された
歯科医院専用
『アパガードリナメル』の出番です❣️
ナノ粒子のハイドロキシアパタイトが
目にみえないミクロの傷を埋めて
歯の表面を
なめらかにしてくれます✨

ナノ粒子の大きさとは?
一般の歯磨き剤の粒子を
「3階建てのビル」に例えるなら、
虫歯菌のミュータンス菌は
「バスケットボール」
そして『アパガードリナメル』の
ナノ粒子ハイドロキシアパタイトは
「1cmの真珠」
に例えられます!

傷や汚れ、くすみのないエナメル質が
『健康できれいな歯🦷』
をつくります。
ぜひ日常のオーラルケアに
取り入れてみてはいかがでしょうか?

『薬用ハイドロキシアパタイト』のひみつ
まだまだありますので
次回のおしらせでお伝えします😊

関連するその他のお知らせ

日曜・祝日 休診 土曜日は不定休

©Tenjin Minami Dental Clinic